要らない物は粗大ごみ回収業者へ!比較した上で業者を選ぶ

記事リスト

粗大ごみ費用を節約

トラック

意外な裏技も

粗大ごみ回収には、自治体ごとのルールがあります。粗大ごみ回収は、基本的には有料となっていますが、特例により無料回収も行われています。東京の一例として、生活保護を受けている人や児童扶養手当を受給している人は、無料で回収してもらえます。また、一般の人でも粗大ごみ回収料金を安くする裏技があります。それは、清掃工場へ自身で持ち込む方法です。自家用車を持っている人は、この方法がお勧めです。それ以外の方法として、リサイクルという面を考えると、粗大ごみ回収の費用を抑えるヒントが隠されています。同じく東京の事例ですが、粗大ごみとして回収された品の4割ほどが、再生されて頒布されると言います。そのことを考えると、不用品を粗大ごみにする前に、リサイクル業者に査定してもらうことがお勧めです。古い物なら値段が付かないのではと思われる方も多いでしょうが、値段が付かなくても引き取ってもらえるのがミソなのです。無料で引き取ってもらえば、回収費用は不要です。自治体に回収してもらうよりお得です。東京都内には、リサイクル業者も数多く点在しているので、気軽に相談に乗ってもらえます。また、不用品が十分に使用に耐えられる物であれば、引き取ってくれる人を探すという方法もあります。東京都内の自治体の多くが、不用品の橋渡しをサポートしています。不要となった品の登録を自治体のホームページで行い、引き取り手を探すやり方です。この方法で、不用品を処分する人は結構多いと言います。